2017年 11月 の投稿一覧

産後の濃いムダ毛を処理するための方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスが変化するので濃いムダ毛が増える期間となります。

なぜなら、妊娠によってエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの割合が増しますが、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンが行き渡るからです。

その影響により、産後はムダ毛を濃くする男性ホルモンが増します。

そのため、産後のムダ毛処理において妊娠前よりムダ毛処理に割く手間が掛かります。

さらに、産後は肌が敏感な状態となるので、妊娠前よりムダ毛処理によって肌を傷つけやすいです。

特に、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜く自己処理は、産後のムダ毛処理に適しません。

なぜなら、毛を抜くことで肌の表面も引っ張るので、肌に強い刺激を与えるからです。

他にも、毛を抜くことで毛穴が広がるので、その影響によって毛穴から雑菌が入り込むので肌荒れに悩まされる形となります。

最善策を考える

除毛クリームによる脱毛の場合、毛を溶かすだけでなく肌の表面も溶かすので、産後のムダ毛処理には使用を控えるのが最善となります。

けれども、剃刀であれば肌を保湿することで肌の乾燥を防ぐことができますが、産後は妊娠前より力の加減がやりにくくなります。

なぜなら、産後は濃いムダ毛が生えやすい上に肌が外部からの刺激を受けやすいからです。

なので、安全に濃いムダ毛を処理する際は、電動シェーバーでムダ毛処理を行うのが最善となります。

電動シェーバーは、刃が肌に触れないので濃いムダ毛に悩まされても、力の加減を誤って深剃りするリスクが少ないです。

さらに、電動シェーバーは毛穴を傷つけるリスクが少ないので、肌のトラブルに悩まされずに濃いムダ毛でも処理することが可能となります。

埋没毛が生えやすくなる原因と処理方法について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、誤った自己処理によって皮膚の中で毛が成長することになる上に、肌を傷つけることになります。

また、肌は時間の経過によって生まれ変わるので、埋没毛を放置しても改善することはありません。

なぜなら、埋没毛は放置することで肌の表面の角質が剥がれるので、炎症が起きることで毛嚢炎に繋がるからです。

さらに、埋没毛は悪化すると色素沈着に結びつくので、肌が黒ずむことになります。

そして、埋没毛が出来ている状態で自己処理を施すと、より皮膚を傷つけることで同じ箇所に埋没毛ができることになります。

そのため、誤った自己処理を何度も繰り返すことで埋没毛が繰り返しできることになる他にも、肌が荒れやすく原因になります。

適切な処理を施すのが重要

埋没毛が出来た場合は適切に処理を施すのが重要となりますが、特にお勧めとなるのがクリニックでの脱毛となります。

理由として、クリニックではレーザー脱毛を受けることで埋没毛を改善するだけでなく、レーザー脱毛は医師が行う脱毛方法となるからです。

よって、施術中に肌のトラブルが起きたとしてもすぐに対応してくれるので、肌を傷つけずに埋没毛を改善することが可能となります。

その上、レーザー脱毛は深い毛根を破壊することができるので、施術を受けることで濃い毛が生えなくなるというメリットを受けることもできます。

埋没毛は、クリニックでの脱毛を受けることでできることがないので、埋没毛に悩まされたくない場合はクリニックで無駄毛を処理してもらうのがお勧めになります。

予定を利用して脱毛サロンの勧誘を断る方法について

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでスタッフから勧誘された際、予定があるので切り上げる必要があることを明確に伝えることで、勧誘を上手く断ることができます。

特に、急いでいる感じを演出するために携帯電話を何度も見ると、相手が強気で勧誘しにくくなります。

ただし、携帯電話をずっと見ていると相手に感じが悪い人だという印象を与えがちになります。

なぜなら、スタッフ側が勧誘しているのに言葉に一切耳を貸していない状態となるからです。

他にも、携帯電話をいじってばかりいると本当に予定があるのかを疑われやすくなります。

そのため、予定によって脱毛サロンの勧誘を断る際は、頻繁に携帯電話を見ることであまりいじらないのが重要です。

とはいえ、スタッフの中にはしつこい人もいるので、予定によって切り上げる必要があることを明確に伝えるのが大事です。

予定があることを理由に断る

また、予定を利用して脱毛サロンの勧誘を断ることは、肌が弱かったり資金が足りないことを伝えるより相手が強気で勧誘しにくくなります。

なぜなら、肌が弱いことを伝えると肌が弱い人でも脱毛を受けれることを主張したり、資金が足りないとキャンペーンについて説明してくる傾向があるからです。

ちなみに、予定がある場合でも真顔で主張すると、相手に悪い印象を与えやすいです。

そのため、やんわりと予定があるので切り上げる必要があることを伝えるのが、脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法となります。

アンダーヘア脱毛のメリットについて

アンダーヘアは庵路な意味でデリケートな部分です。
デリケートな部分だからこそなかなか扱いにくいところですが、施術をすることによっていろいろな点でメリットがあります。
アンダーヘアの脱毛

きれいに整えることで、色々なものが着れる

 アンダーヘアを整えると、毛が下着や水着からはみ出ているようなみっともなかったりするようなことがなくなり、着れるものの選択肢が広がります。

Tバックやビキニなど、デザイン性や露出度の高いものを気軽に身につけたりすることができますから、好きなものを選びやすくなります。

アンダーヘアというデリケートゾーンの安全性の確保

 アンダーヘアがある部分は皮膚が薄くデリケートなところです。 下手にやると肌を傷つけやすいところですから

カミソリなどではやりにくい部分です。 ですがしっかりと脱毛をすればそういった危険性もなくなります。

衛生面を良くする

 アンダーヘアを処理するとデリケートゾーンの衛生面がよくなります。ムダ毛がありますと、やはり汗をかいた時などに湿気が残りやすいですからムレの原因となります。

しかし、毛がなくなれば下着の中の通気性がアップし、蒸れによって発生しる雑菌の繁殖から守ることができます。また、生理の際のにおいやかゆみといった不快感も同じように抑えることができます。

ワキガの原因とニードル脱毛によってワキガを改善できる理屈

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、自己処理によって脇の肌に余計な刺激を与えると、毛穴以外にもアポクリン腺に影響を与えます。

なぜなら、アポクリン腺は脇に存在する汗腺なので、脇に刺激を与えるとアポクリン腺が活発化する仕組みだからです。

そのため、ワキガの原因となるアポクリン腺から出る汗の量を抑えるには、脇に極力刺激を与えないのが最善となります。

けれども、剃刀や毛抜きによって脇毛を自己処理すると、肌を傷つけるだけでなくワキガの臭いを強めるリスクが高まります。

よって、ワキガの臭いを抑えつつ脇毛を処理する場合は、脱毛施設で脱毛を施してもらうのがお勧めです。

脱毛効果が高い脱毛方法がおすすめ

脱毛施設では、全身以外にも脇に永久脱毛を施せるので、脇毛が生えにくい状態にすることができます。

ただし、脱毛施設となるサロンは医療機関ではないので、サロンでは出力の低い光脱毛しか受けることができません。

医療機関となるクリニックでは、レーザー脱毛やニードル脱毛といった脱毛効果が高い脱毛を受けることができます。

よって、ワキガの臭いを早く改善する際はクリニックに通うのが早いです。

けれども、クリニックで行われるニードル脱毛は光脱毛やレーザー脱毛より肌に強い痛みを伴います。

なぜなら、ニードル脱毛は毛1本1本に針を刺して電流を流すので、1本処理する度に痛みに我慢する必要があるからです。

その上、脇毛を脱毛する際は皮膚の薄い脇に針を刺す形となるので、ワキガの臭いを抑えるためにニードル脱毛を受ける場合は痛みに我慢することになります。

とはいえ、ニードル脱毛は一度受ければ、光脱毛やレーザー脱毛と違って何度も受ける必要が無くなります。