産後の濃いムダ毛を処理するための方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスが変化するので濃いムダ毛が増える期間となります。

なぜなら、妊娠によってエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの割合が増しますが、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンが行き渡るからです。

その影響により、産後はムダ毛を濃くする男性ホルモンが増します。

そのため、産後のムダ毛処理において妊娠前よりムダ毛処理に割く手間が掛かります。

さらに、産後は肌が敏感な状態となるので、妊娠前よりムダ毛処理によって肌を傷つけやすいです。

特に、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜く自己処理は、産後のムダ毛処理に適しません。

なぜなら、毛を抜くことで肌の表面も引っ張るので、肌に強い刺激を与えるからです。

他にも、毛を抜くことで毛穴が広がるので、その影響によって毛穴から雑菌が入り込むので肌荒れに悩まされる形となります。

最善策を考える

除毛クリームによる脱毛の場合、毛を溶かすだけでなく肌の表面も溶かすので、産後のムダ毛処理には使用を控えるのが最善となります。

けれども、剃刀であれば肌を保湿することで肌の乾燥を防ぐことができますが、産後は妊娠前より力の加減がやりにくくなります。

なぜなら、産後は濃いムダ毛が生えやすい上に肌が外部からの刺激を受けやすいからです。

なので、安全に濃いムダ毛を処理する際は、電動シェーバーでムダ毛処理を行うのが最善となります。

電動シェーバーは、刃が肌に触れないので濃いムダ毛に悩まされても、力の加減を誤って深剃りするリスクが少ないです。

さらに、電動シェーバーは毛穴を傷つけるリスクが少ないので、肌のトラブルに悩まされずに濃いムダ毛でも処理することが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*