ワキガの原因とニードル脱毛によってワキガを改善できる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガは、自己処理によって脇の肌に余計な刺激を与えると、毛穴以外にもアポクリン腺に影響を与えます。

なぜなら、アポクリン腺は脇に存在する汗腺なので、脇に刺激を与えるとアポクリン腺が活発化する仕組みだからです。

そのため、ワキガの原因となるアポクリン腺から出る汗の量を抑えるには、脇に極力刺激を与えないのが最善となります。

けれども、剃刀や毛抜きによって脇毛を自己処理すると、肌を傷つけるだけでなくワキガの臭いを強めるリスクが高まります。

よって、ワキガの臭いを抑えつつ脇毛を処理する場合は、脱毛施設で脱毛を施してもらうのがお勧めです。

脱毛効果が高い脱毛方法がおすすめ

脱毛施設では、全身以外にも脇に永久脱毛を施せるので、脇毛が生えにくい状態にすることができます。

ただし、脱毛施設となるサロンは医療機関ではないので、サロンでは出力の低い光脱毛しか受けることができません。

医療機関となるクリニックでは、レーザー脱毛やニードル脱毛といった脱毛効果が高い脱毛を受けることができます。

よって、ワキガの臭いを早く改善する際はクリニックに通うのが早いです。

けれども、クリニックで行われるニードル脱毛は光脱毛やレーザー脱毛より肌に強い痛みを伴います。

なぜなら、ニードル脱毛は毛1本1本に針を刺して電流を流すので、1本処理する度に痛みに我慢する必要があるからです。

その上、脇毛を脱毛する際は皮膚の薄い脇に針を刺す形となるので、ワキガの臭いを抑えるためにニードル脱毛を受ける場合は痛みに我慢することになります。

とはいえ、ニードル脱毛は一度受ければ、光脱毛やレーザー脱毛と違って何度も受ける必要が無くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*